Photonic Professional GT2

3Dマイクロプリンティング – 今までにない明快さと多彩さ

最新の特徴やツール、そしてプロセスがマクロスケールに向けて、Photonic Professional GT2の3Dマイクロプリンティングの機能を拡大し、アプリケーションの範囲を広げました。この新しい3Dマイクロプリンターは、複数のスケールにおいてユーザーフレンドリーなソリューション(The 3D Microfabrication Solution Sets)を提供します。

このデバイスは、ナノ、マイクロおよび最大でミリメートル寸法のメソスケール構造を対象に、2光子重合の精度と、現場での実績がありかつ明快な3Dプリンティングワークフローを組み合わせています。このプリンターは高度な機械制御を提供し、additive manufacturingやマスクレス・リソグラフィ向けに使用できます。Photonic Professional GT2は、幅広い使用用途で最高精度の3Dプリンティングに理想的な機器です。

主な特長

  • ガルバノ技術による高速3Dマイクロプリンティング
  • 最小160nm(典型例)の側面の特徴サイズを持つ3D設計自由度
  • 最大描画エリア 100 × 100 mm²
  • 光学表面品質
  • CADファイルのインポートから最終パーツまで明快な3Dプリンティングワークフロー
  • 幅広いプリント材料や基板
  • 最大数十立法ミリメートルの対象物のプリント

3Dマイクロプリンティングに向けた革新的なソリューション

明快なワークフローのソフトウェアツール

3Dプリンターは、異なるレジストとアプリケーションに合わせたレシピと、ユーザーフレンドリーなソフトウェアパッケージを提供します。一段階のプロセスでほぼ任意の形状と3Dの対象物を実現します。急斜面や鋭角、平滑な表面、複雑な3D設計でさえも可能です。

ソフトウェアについては、こちらのページをご覧下さい。

幅広いプリント材料

Photonic Professional GT2は、商業用レジストを含むフォトレジストやヒドロゲル、そして、オーダーメイド材料といったオープン材料システムとして設計されています。レジストの幅広い選択により、マイクロオプティクスやフォトニクス、そしてバイオメディカルエンジニアリングやMEMSといった幅広いアプリケーションを実現しています。

応用例の詳細はこちらから

3Dメソスケールプリンティングがミリメートルサイズのパーツを実現

Photonic Professional GT2は、メソスケールの構造の高速加工向けの新しい3Dプリンティング能力を備えています。最大数十立方ミリメートルのプリント容積がマイクロメートルの精度で作製可能です。新しいツールの組み合わせは、最大高さ8mmの構造での高速メソスケール加工を可能にします。

マイクロメートル精度の構造細部を持ったミリメートルスケール(7.5 x 7.5 x 3 mm³)の細線スキャホールド

主な特長

  • メソスケールパーツの高速プリンティング IP-Qレジスト詳細はこちら
  • 高速メソスケール加工向けの対物レンズ
  • 最大8mmのプリント高さを可能にする拡大プリントチャンバー
  • mmサイズの対象物の高速プリンティングを可能にするソフトウェアレシピ