新着情報

Nanoscribe社の3Dプリンターがマイクロオプティクスの連続製造を可能にする

2019/02/4

新製品Photonic Professional GT2システムは、連続生産のマイクロオプティクスの製造方法を変えます。付加的に製造された超精密なマイクロオプティクスは、ポリマーマスターとして、連続生産向けの確立された産業プロセスに適しています。今回のSPIE Photonics West 2019では、Nanoscribe社は、3Dプリントしたポリマーマスターを出発点とした、射出成形やUV成形を用いた製造プロセスについて発表します。是非Photonics Westのブース366(南ホール)までお越し下さい。

射出成形したマイクロレンズアレイを製造する際、ニッケルシムは、マイクロオプティクスの3Dプリントしたポリマーマスターの電鋳により生成されます。その後、シムは射出成形のインサートとして使用されます。数秒以内にPMMA(ポリメタクリル酸メチル)やPC(ポリカーボネート)といった熱可塑性ポリマーは、インサートキャビティ内に注入され、冷却・固化されます。このように、熱可塑性ポリマーはインサート形状に適合し、元のポリマーマスターの形状を複製します。この標準的なプロセスは、製品の消費者市場において手ごろな価格まで製造時間と費用対コストを削減します。さらには、この複製技術には、PDMS(ポリジメチルシロキサン)のネガ型のスタンプからの感光性材料のUV成形までもが含まれます。

マイクロオプティクスは例えば、携帯デバイスやARデバイス、バイオメディカルエンジニアリングにおける高性能センサや先進的なソリューションといった多数のユーザーに必要とされています。Nanoscribe社のソリューションは、先進的なプロセスや最適化されたプリントパラメータを含むソフトウェアレシピ、そしてマイクロオプティクスの直接加工向けのオーダーメイドのプリンティング材料を活用しています。したがって、高精度のマイクロオプティクスが、高い形状確度と光学平滑表面で実現可能です。

この記事をfacebookでシェアするにはこちら(英文サイトへのリンク)