新着情報

Photonics West 2019にて3Dプリントした回折光学素子を展示

2019/01/30

SPIE Photonics West 2019にて、Nnoascribe社は付加的に製造したマルチレベル回折光学素子(DOEs)を展示します。DOEsは、新製品Photonic Professional GT2 3Dプリンターを使用して作製されました。このプリンターでは、DOEsのプリンティング向けに設計された簡単なワークフローを活用しています。是非Nanoscribe社のブース#366(南ホール)に立ち寄り、動作している3DプリントしたDOEsをご覧下さい。

Nanoscribe社の3Dプリンターは、最高の分解能で、DOEマイクロ構造の複雑で精密な配列を作製するために、工夫が凝らされたワークフローを提供いたします。このワークフローには、DOEインポートツール、プリント前準備やDOEsの高精度な3Dプリンティング向けのソフトウェアレシピが含まれています。したがって、プリンターソフトウェアは、3DモデルのSTLファイルのインポートと同じように高精度のDOEデザインを処理可能です。DOEソフトウェアレシピの助けをかりて、DOE設計から始まり、最適なマイクロレリーフ・パターンが加工可能です。

薄いマイクロストラクチャにより、DOEsはファーフィールドでのレーザーのビームプロファイルをほぼ任意の配光に変換します。光学計測システムや材料加工、セキュリティラベルに至るまで、理科学および産業の様々なアプリケーションがDOEにより駆動します。3DプリントしたDOEsはビームシェーピングや均質化、ビーム分割に直接使用可能です。大量複製におけるポストプロセス向けのポリマー製のマスターにも適しています。

この記事をfacebookでシェアするにはこちら(英文サイトへのリンク)