高精細3D光造形装置

Nanoscribe(ナノスクライブ)社は、高精細光造形のパイオニアかつマーケットリーダーです。独国カールスルー工科大学(KIT)からのスピンオフ企業で、二光子重合技術に基づくマイクロスケール3Dプリンティングを、ハードウェア、ソフトウェア、材料、およびプロセスまで含む包括的なソリューションとして提供します。


3Dマスターモールド製造専用機

工業生産プロセスにおけるプロトタイプやマスターの製造用に設計されたマスクレス・リソグラフィシステムです。マイクロ光学素子やマイクロレンズアレイ、マルチレベル回折光学素子を、形状を自由に製造できます。世界初の2光子グレイスケールリソグラフィ(2GL®)システムで、グレイスケールリソグラフィの高い性能と、Nanoscribeによる先駆的な2光子重合技術の高い精度と柔軟性を兼ね添えたシステムです。詳細 »


R&D用多用途機

2光子重合(2PP)を用いてほぼあらゆる3D細線構造(結晶格子、多孔質スキャホールド、自然物触発による構造体、滑らかな輪郭、シャープエッジ、アンダーカット、ブリッジなど)をプリンティングする3D光造形装置です。設計の柔軟性、簡単な操作、使用可能な材料や基板の多様性を提供し、マルチユーザー施設や研究室における、サイエンスやプロトタイピングに理想的な機器です。詳細 »


IP_Photoresists.jpg

ミクロ/メソスケール加工向けのオーダーメイドのレジスト

ナノスクライブのIP樹脂は、高分解能 微細造形のための標準材料として開発されました。サブミクロンの解像度と形状精度を提供し、取扱いが容易なネガ型樹脂です。用途に最適なフォトレジストを選択すれば、サブミクロンオーダーの形状、張突き出し要素、光学品質表面、メソスケールからマクロスケールでの高速造形を実現できます。
詳細 »



ナノスクライブ社製3Dプリンタは科学および産業における幅広いアプリケーションに対応しています。新しいキーテクノロジーの開発において、3D微細加工の恩恵を受けられます。フォトニクスやメカニカル・メタマテリアル、オンチップを含むマイクロオプティクス、磁気駆動のマイクロロボット、がん治療向けの細胞スキャホールドなどが、その例です。

高度な集積デバイス用途のフォトニックチップも含め、様々な基質がプリント表面として利用できます。3Dプリントした構造は直接、もしくはポリマー以外のほかの材料に向けた、ポスト・プリントプロセスのテンプレートとして利用できます。複製可能な構造を持った3Dプリントしたパーツは、例えば高精度のパーツの射出成形といった、大量製造が可能なポリマーマスターに適しています。 詳細 »

株式会社日本レーザー
営業部システム機器グループ

03-5285-0862
お問合せはこちらから

3D微細加工による少量生産 Formnext 2019

2019/11/26

Formnext 2019において、Nanoscribeは3Dマイクロプリントの様々な機能を発表しました。新しい3Dマイクロファブリケーションソリューションセットの大きな特徴は、ミリスケールで高精度部品のコスト効率の良い少量量産です。 続きを読む >>

複数の反応性を持つ3Dプリントによるマイクロスイマー

2019/11/14

ドーナツのような形をした微小のスイマーは、幅広いアプリケーションの選択肢を約束します。Nanoscribeの3Dマイクロファブリケーション技術を用いて製作されたマイクロトリは、独自の推進力で移動することができ、希望の場所に粒子を輸送することができます。 続きを読む >>

200台目の3D微細加工システムを青島大学が購入

2019/11/7

中国の青島大学は、Nanoscribeのシステム販売200台目となるPhotonic Professional GT2を発注しました。最新のハードウェアとソフトウェアを備えたこの3D微細加工システムは、新規繊維材料とその特性を探求するために使用されます。Nanoscribeは、ナノ・微細加工技術の大きな共鳴により、APAC地域で力強い成長を遂げています。 続きを読む >>