高精細 3Dプリンティング

新製品Photonic Professional GT2 :世界で最高精度3Dプリンターでは、現在、拡張機能を提供しています。3D微細可能の限界はマクロスケールにまで広がり、アプリケーションの範囲が広がっています。数十立方ミリメートルの容積では、最も高い形状精度を誇っています。様々な用途に応じた、独自のユーザーフレンドリーなソリューションにより、研究者にとってだけでなく、マルチユーザー施設や産業プロセス向けにも理想的な装置です。


最新のソリューションを備えた最高精度の3Dプリンター

新しい製品の特長とツール、そして新しいプロセスにより、ナノスクライブの確立された3Dプリンタの後継機が登場しました。拡張されたプリントチャンバーを備えて設計されたこのプリンターでは、最高8mmのプリント高さでミリメートルサイズのパーツが作製可能です。多種多様なプリント材料や基質に使用可能であり、幅広いアプリケーションの可能性を秘めています。詳細 »


IP_Photoresists.jpg

ミクロ/メソスケール加工向けのオーダーメイドのレジスト

ナノスクライブのIPフォトレジストに新製品が登場しました。IP-Qはミリメートル寸法のメソスケール構造の高速加工に適しています。Photonic Professional GT2と組み合わせることで、このレジストはマイクロメートル精度での高速3Dプリンティングが可能となります。レジストやアプリケーションに応じて、この3Dプリンターのソフトウェアは最新の最適化されたプロセスを提供します。
詳細 »



ナノスクライブ社製3Dプリンタは科学および産業における幅広いアプリケーションに対応しています。新しいキーテクノロジーの開発において、3D微細加工の恩恵を受けられます。フォトニクスやメカニカル・メタマテリアル、オンチップを含むマイクロオプティクス、磁気駆動のマイクロロボット、がん治療向けの細胞スキャホールドなどが、その例です。

高度な集積デバイス用途のフォトニックチップも含め、様々な基質がプリント表面として利用できます。3Dプリントした構造は直接、もしくはポリマー以外のほかの材料に向けた、ポスト・プリントプロセスのテンプレートとして利用できます。複製可能な構造を持った3Dプリントしたパーツは、例えば高精度のパーツの射出成形といった、大量製造が可能なポリマーマスターに適しています。 詳細 »

株式会社日本レーザー
営業部システム機器グループ

phone.png 03-5285-0862
mail_2.png お問合せはこちらから

プリンティング・エレクトロニクス向けに高分解能3Dプリントしたスタンプ

2019/03/14

エレクトロニクスのコンポーネンツは、Roll to rollプロセスによっても作製可能です。 続きを読む >>

PIC国際カンファレンスにお越し下さい

2019/03/12

集積フォトニックデバイスに関する革新的な製造手法に興味はございませんか? 続きを読む >>

光産業での関係強化

2019/02/22

Nanoscribe社のCEO Martin Hermatschweiler氏は今週、EPICのディレクターであるDr. Jose Pozo氏をNanoscribe社のデモラボに迎え入れました。 続きを読む >>