高精細3D光造形装置

Nanoscribe(ナノスクライブ)社は、高精細光造形のパイオニアかつマーケットリーダーです。独国カールスルー工科大学(KIT)からのスピンオフ企業で、二光子重合技術に基づくマイクロスケール3Dプリンティングを、ハードウェア、ソフトウェア、材料、およびプロセスまで含む包括的なソリューションとして提供します。


3Dマスターモールド製造専用機

工業生産プロセスにおけるプロトタイプやマスターの製造用に設計されたマスクレス・リソグラフィシステムです。マイクロ光学素子やマイクロレンズアレイ、マルチレベル回折光学素子を、形状を自由に製造できます。世界初の2光子グレイスケールリソグラフィ(2GL®)システムで、グレイスケールリソグラフィの高い性能と、Nanoscribeによる先駆的な2光子重合技術の高い精度と柔軟性を兼ね添えたシステムです。詳細 »


R&D用多用途機

2光子重合(2PP)を用いてほぼあらゆる3D細線構造(結晶格子、多孔質スキャホールド、自然物触発による構造体、滑らかな輪郭、シャープエッジ、アンダーカット、ブリッジなど)をプリンティングする3D光造形装置です。設計の柔軟性、簡単な操作、使用可能な材料や基板の多様性を提供し、マルチユーザー施設や研究室における、サイエンスやプロトタイピングに理想的な機器です。詳細 »


IP_Photoresists.jpg

ミクロ/メソスケール加工向けのオーダーメイドのレジスト

ナノスクライブのIP樹脂は、高分解能 微細造形のための標準材料として開発されました。サブミクロンの解像度と形状精度を提供し、取扱いが容易なネガ型樹脂です。用途に最適なフォトレジストを選択すれば、サブミクロンオーダーの形状、張突き出し要素、光学品質表面、メソスケールからマクロスケールでの高速造形を実現できます。
詳細 »



ナノスクライブ社製3Dプリンタは科学および産業における幅広いアプリケーションに対応しています。新しいキーテクノロジーの開発において、3D微細加工の恩恵を受けられます。フォトニクスやメカニカル・メタマテリアル、オンチップを含むマイクロオプティクス、磁気駆動のマイクロロボット、がん治療向けの細胞スキャホールドなどが、その例です。

高度な集積デバイス用途のフォトニックチップも含め、様々な基質がプリント表面として利用できます。3Dプリントした構造は直接、もしくはポリマー以外のほかの材料に向けた、ポスト・プリントプロセスのテンプレートとして利用できます。複製可能な構造を持った3Dプリントしたパーツは、例えば高精度のパーツの射出成形といった、大量製造が可能なポリマーマスターに適しています。 詳細 »

株式会社日本レーザー
営業部システム機器グループ

phone.png 03-5285-0862
mail_2.png お問合せはこちらから

慶応大学にてPhotonic Professional GT2の1号機を納入

2019/05/16

原点へ戻る:日本の慶応大学が、Photonic Professional GT2システムのオーナーになりました。 続きを読む >>

3D微細加工に強い興味を示している若手研究者たち

2019/05/10

young DPG“のメンバーは、どのようにしてハイテク企業が基礎的な科学研究の結果を市場規模に成熟させ、それらを世界規模で販売できるのかを、Nanoscribe社において間近で体験することが出来ました。 続きを読む >>

史上最小の歩行ロボット

2019/04/25

メリーランド大学の研究者らは、これまでで最も小さく最も早い歩行マイクロロボットの一つを最近開発しました。 続きを読む >>