ソフトウェア

ナノスクライブでは3Dプリンティング・ワークフローをシンプルにできる自社開発のソフトウェア・パッケージを提供しています。 このソフトウェア・パッケージには、プリントジョブ準備ツール DeScribe と、Photonic Professional GTシステムをコントロールするためのソフトウェア NanoWrite が含まれています。直感的操作に優れたソフトウェアは、市販の3D-CADで作成されたSTLファイルフォーマットと互換性を持ち、ユーザーのマイクロ光造形のワークフローをサポートします。マスクレス露光のアプリケーションにおいては、グレースケール露光の代わりに2.5次元レリーフ構造の画像ファイルをインポートするだけです。さらにNanoWriteでは、オートフォーカス、基板位置決め、3Dモデルを忠実に描画するための制御機能 PerfectShape?、露光量をコントロールでき、描画プロセスを完全自動化できます。

p_software_img1
Photonic Professional GT を用いた3D微細プリントのためのワークフロー例

DeScribe

DeScribe は、3Dプリンティングジョブを作成するために開発されたパワフルなツールです。プリンティングジョブは、ナノスクライブ独自のスクリプト言語 GWL(General Writing Language) によって記述されますが、煩雑なプログラミングは一切不要で、市販CADで作成されたSTL形式の3Dメッシュファイルを直接インポートできるだけでなく、自動メッシュ修正ルーチンによりSTLファイルにありがちなエラーを取り除きます。さらに3Dデザインのスライシングやハッチングも DeScribe で行えます。もちろん手入力にてGWLスクリプト言語をプログラミングすることもできます。これにより、レーザーフォーカス制御などの細やかな描画プロセスのフルコントロールが可能です。また DeScribe内蔵の高速3Dレンダリング・エンジンにより、3Dモデルのプレビューとそのプリンティング設定がインタラクティブに行えます。

主な特長

  • 洗練されたメッシュ修正機能によるSTLファイルインポートthumb_describe.jpg
  • 3Dメッシュのスライシング&ハッチング機能
  • 大容量STLファイルの自動分割機能
  • 2.5次元レリーフ構造の画像ファイルもサポート
  • GWLスクリプト言語の直接編集機能
  • ボクセル可視化によるインタラクティブな3Dプレビュー機能

NanoWrite

NanoWrite は Photonic Professional GTシステムをコントロールするためのユーザーフレンドリーなGUIです。最新バージョンの NanoWrite 1.7 には、全制御パラメータへのアクセスを可能にする100以上のコマンドが組み込まれています。それにも関わらずプログラムは非常にシンプルなままで、システムのトータル・コントロールを実現します。NanoWrite はDeScribeで編集されスクリプト言語GWLに従って動きます。

主な特長

  • ユーザーフレンドリーなシステム操作用インタフェース
  • 直接レーザー描画 (DLW)プロセスを単純化&完全自動制御
  • 基板界面の自動検出機能と自動校正機能
  • PerfectShape? によるプロセスコントロール:ピエゾ速度とレーザーパワーの自動調整機能
  • ライブカメラビューによるレーザー描画プロセスのリアルタイム・モニタリング
  • レーザー描画プロセスをその場でキャプチャ&保存