細胞スキャホールド、生体模倣

下に示した一連の画像は、様々な生体適合材料やハイドロゲルを材料とし、Photonic Professional システム を用いた直接レーザー描画技術で作製した構造体です。主に調査関心の対象になっているのは、細胞移動や幹細胞分化についての研究です。3次元でつくられた環境は、人工の細胞外マトリックス、すなわち細胞の足場として機能します。

別の例として挙げられるアプリケーションは、ヤモリに見られる「乾燥接着」のような生体構造から学び、それを人工的に再現する構造体の作製です。このようないわゆる生体模倣の分野では、他にハス科植物、水生シダ植物、サメの皮膚が興味深い素材として研究され、多光子リソグラフィの技術によりわずか1ステップで直接的に成形することが可能になっています。



最近の発表文献

  • Multifunctional polymer scaffolds with adjustable pore size and chemoattractant gradients for studying cell matrix invasion
    A.M. Greiner, M. Jackel, A.C. Scheiwe, D.R. Stamow, T.J. Autenrieth, J. Lahann, C.M. Franz, and M. Bastmeyer, Biomaterials 2014 Jan, 35(2):611-9.doi: 10.1016/j.biomaterials.2013.09.095
  • Fabrication and Characterization of Magnetic Microrobots for Three-Dimensional Cell Culture and Targeted Transportation
    S. Kim, F. Qiu, S. Kim, A. Ghanbari, C. Moon, L. Zhang, B.J. Nelson, and H. Choi, Advanced Materials, DOI: 10.1002/adma.201301484
  • Micro-Engineered 3D Scaffolds for Cell Culture Studies
    A. M. Greiner, B. Richter, M. Bastmeyer, Macromolecular Bioscience, 12, 1301 (2012)
  • Hierarchical Structures: 3D Direct Laser Writing of Nano- and Microstructured Hierarchical Gecko-Mimicking Surfaces
    M. Rohrig, M. Thiel, M. Worgull, and H. Holscher, Small, 19, 2918 (2012)
  • Direct laser writing-mediated generation of standardized topographies for dental implant surface optimization
    R. Wittig, E. Waller, G. von Freymann, and R. Steiner, Journal of Laser Applications, 24, 042011 (2012)