応用例

ナノスクライブ社の3Dプリント技術には、数ミクロンからミリメートルスケールまでのサイズ範囲におけるポリマーパーツの積層造形について多くの長所があります。高い解像度によるサブミクロンの成形サイズと、従来の製作技術では不可能であった内部構造をもつ非常に複雑なパーツの成形を可能にする高い自由度を有します。このような特長により、様々な学術分野や産業の研究開発をサポートします。以下にナノスクライブ社の技術を実証する例を示します。

ナノスクライブ社製品が用いられた学術論文の一覧は こちら をご参照ください。


ポジ型レジスト・パターンポジ型レジスト・パターン

二光子“脱重合”は2Dパターンをポジ型フォトレジストにプリントする高解像度マスクレス・リソグラフィ法です。 詳しくはこちら »


a_optical_eyecatch光インタコネクト

ポリマー導波路の3次元ストラクチャリングにより、マルチチップ・モジュールの光インタコネクトを作製できます。フォトニック・ワイヤ・ボンディング技術により毎秒数テラバイトの伝送速度と3Dプリントの成形自由度を同時に獲得できます。 詳しくはこちら »


a_surface_eyecatchフォトニック表面

二光子重合を用いたフォトレジストの表面パターニングにより2次元光学部品を製作できます。 詳しくはこちら »


a_microoptics_eyecatchマイクロオプティクス

微細光学部品の3Dプリントは、ナノスクライブ社の高解像度 積層造形技術が実現する新たなアプリケーションです。複雑な表面形状をもつマイクロレンズアレイやプリズムを成形できます。 詳しくはこちら »


a_microfluidics_eyecatchマイクロ流路

ナノスクライブ社の3Dマイクロプリント技術は、事前に構造化された基板上での最終形状パーツの直接成形に使われています。これはマイクロ流路チップ上でのフィルタやミキサの成形といったマイクロ流路パーツの製作に応用できます。 詳しくはこちら »


a_photonics_eyecatchフォトニクス

フォトニック結晶は非常に複雑な構造をもつため、高解像度3Dパターニングの性能を実証するものです。ここではナノスクライブ社の技術で製作したいくつかのストラクチャをご覧いただけます。 詳しくはこちら »


a_rapidprototyping_eyecatchマイクロ・ラビッド・プロトタイピング

二光子ベースの積層造形径技術は、試作目的での小型パーツの製作に最適です。メゾスケール・パーツは、オプティクス、流路、エレクトロニクス、メカニクスといった広い分野に応用できます。 詳しくはこちら »


a_mechanical_eyecatchメカニカル・マイクロストラクチャ

複雑な3次元マイクロストラクチャの新しい成形技術により、素材の機械的特性を目的に適合させることができます。非常に強度の高い超軽量素材は、多くの科学的・技術的応用への可能性を秘めています。 詳しくはこちら »


a_cell_eyecatch細胞スキャホールド、生体模倣

ミクロンスケールでの自由度の高い3次元プリントは、細胞の3次元環境の整備やオリジナルの生体構造の模倣に応用できます。 詳しくはこちら »